豊川市でエコな暮らしを提案。日々を愉しむヒントを一緒に見つけてみませんか。


by ecoshopitoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:住まい方教室( 53 )

b0119979_2024117.jpg

緑のカーテンをオシャレに演出!
エコ&オシャレなガーデニング教室に参加してみませんか?
緑のカーテンの苗だけでく、観葉植物の苗のお土産付きなのでお得ですよ。
どなたでもご参加いただけます。
先着順となります。定員になり次第受付終了となりますのでご了承ください。
お問い合わせだけでもエコショップへお気軽にどうぞ。

                             <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2014-05-09 20:10 | 住まい方教室
今日はおでかけしたくなるいい天気でしたね。
私はエコショップから飛び出し、お客様と一緒に新城市にある
有機循環農業の里「福津農園」に自然体験学習に行ってきました。
今日は田植えをしたばかりに田んぼに住む生き物の捕まえて観察をさせていただきました。
稲を踏まない様に、気をつけて歩きます。
b0119979_19452681.jpg

農薬や化学肥料を使わない福津農園ではいろんな生き物がいて生態系が守られています。
b0119979_1947272.jpg

カエルは稲を食べるイナゴなどを食べてくれます。
b0119979_1948917.jpg

昼食用にキャベツを収穫しました。
キャベツのまわりにはモンシロチョウがいっぱいいました。
モンシロチョウの幼虫のあお虫がキャベツの外葉を食べているので外葉がレース状になっていますが、大地の栄養とエネルギーをいっぱい吸った大きくて丈夫なキャベツは外葉を2、3枚とればキレイです。
農薬をまいた畑や田んぼで育った作物は見た目はキレイだと思います。
しかし、それらの作物は虫も食べられない作物なのです。
それを人間が食べ続けてもいいのでしょうか?
農薬が人体に及ぼす影響が懸念されます。
手間がかかるから少し高い有機野菜を選ぶのか、
安いけど農薬のかかった野菜をえらぶのか?
消費者の自由です。
ただ、見た目だけでなく、その育った過程を知らなければいけないと思います。
それが子供たちの未来を守ることに繋がると思います。
b0119979_1957999.jpg

子供たちは生き物に触れ合ったり、木のぼりをしたり、と本当に楽しそうでした。
斜面も多く、転んだりもするけれど、雑草で覆われた農道では大した怪我にはなりません。
最近では「安全面」がとても重要視されているようなきがしますが、
こういった昔は当たり前に合った環境で子供は自分であそびを見つけることで
考える力や基礎の力がついてくると思います。

                            <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2013-06-29 20:09 | 住まい方教室

自然体験学習 in福津農園

早咲きとなった今年の桜。
日曜、そして今日の雨で入学式を待たずに散り始めました。
ちょっとさみしい気もしますが、
桜並木の測道や川の水面がさくら色に染まり
この時期ならではの気持ちにしてくれるように思います。

つい先日、自然体験でイトコーエコショップのお客様と伺った福津農園の桜もキレイでした。
ちょうどよい気候と気持ちの良い空気に癒されました。
b0119979_1933918.jpg

今回の自然体験ではこの時期ならではの春の野草を摘んで天ぷらにしていただきました。
冬の寒さを耐えたアクの強い新芽をいただくことで、
人も冬の間にたまったアクを出してデットクスにつながるそうです。

普段、雑草と思っていた、クローバー、スギナ、スイバ、タンポポは葉も花もおいしくいただけます。
しかし、中には筋ばっておいしくなかったり、
毒草もあるので園主の松澤さんが教えてくれました。

また、福津農園では農薬はもちろん、化学肥料を使わない有機循環農業を営まれているので田んぼや畑の脇に生えている野草も安全です。

そして余った野草は飼われているヤギやニワトリが食べてくれます。
b0119979_19153344.jpg

お子さんたちはおっかなびっくり、
動物に余った葉をあげながら一生懸命食べる動物の表情を見ていました。

そして、食事のあとは山へ行き、木のぼりなどをして遊びました。
b0119979_19183417.jpg

福津農園は遊び道具はありません。
その中でお子さんたちは自分で遊びを見つけたり、松澤さんに教えていただいたり、
愉しんでくれました。
木のぼりや草笛、虫や生き物を捕まえたり、
どれも夢中になりながら体と頭を使います。
「取扱い説明書」なんかもちろんありません。
そういった遊びから、工夫することや、手先の器用さだったり
運動神経が身に付くのではないかと私は思います。
そして、こんな風に自分で考えて身に付けたことが将来の「人間力」に繋がるとも思います。


                                  <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2013-04-02 19:36 | 住まい方教室

自然体験学習 in福津農園

b0119979_1851223.jpg今日は私はエコショップではなく、お客様と一緒の
自然体験学習に同行し、
新城市で有機循環農業を営む福津農園にて自然と触れ合わせていただきました。

色づく木々やもう葉が落ちた木々が近づく冬を感じさせてくれます。


b0119979_1811132.jpg今回のメインはミカン狩りです。
ミカン畑の足元には自生するセリやヨモギ、高菜が生え、
さらには大根がうねなど関係なく植えられています。

耕さず、雑草と共存させれることで、
生命力の強い野菜を作ることができると
園主の松沢さんが教えてくれます。

本当に昼食でいただいた
福津農園の野菜の味が濃いんです。
それに、化学肥料や農薬を使っていないので
自生野菜をとってすぐに味見できるのも醍醐味です。


b0119979_18312315.jpg 昼食の準備は火起こしから始まります。
ここではスイッチひとつでつきません。
また、薪を入れるだけで火がつくわけではないので、
「空気の道を作ってあげることがポイント」なんて話をしながらお子さんたちにも手伝ってもらしました。


b0119979_18345499.jpg
今回のおかずは福津農園の鶏をさばいた
鶏がらだしのみそスープと
鉄板の焼き野菜。

採りたて野菜と手作り味噌に
手作りこんにゃくを入れました。

また、サクラに菌打ちをして育てられた
「なめこ」はスーパーで売っている物より
とっても大きかったです。


b0119979_18423736.jpg食事のあとは山に行き、どんぐり探しや木のぼりをして遊びました。

写真のお子さんは自分で足と手の感覚で確かめながら
降りている途中です。
「危ない」と言って、大人が手を貸すことは簡単ですが、
「自分」でやったことが自信となり、
また、小さいころのこういった経験が運動神経にも繋がってくるのかな~と思います。




野菜や鶏や卵。
命ある物を頂いて自分の体が作られている。
自然に触れ合うことで
「(命を)いただきます」の意味を感じてくれたらうれしく思います。

参加者の皆さんからも松澤さんの話をもっと聞きたいという声も頂きました。
園主の松澤さんのお話は理にかなっていて矛盾がなく、
農業の観点から、生きること、子育てについても考えさせれられます。

今後もこういったイベントを通じて少しでも多くの方に伝え、感じてもらいたいと思います。

                                  <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2012-11-24 19:33 | 住まい方教室

自然体験学習 in福津農園

6月30日(土)はエコショップを飛び出して
新城市にある福津農園に自然体験教室に行ってきました。

毎回人気のこの教室。
有機循環農業を営んでいるこの福津農園の園主松澤さんのご協力のもと、
季節ごとに訪れて、様々な草木、農作物、そして生き物に触れて、感じていただいています。
b0119979_1644530.jpg

今回は田植えをしたばかりの田んぼの生き物を観察しました。
田んぼの畦からも見えるたくさんのオタマジャクシ。
b0119979_1651039.jpg

中には育ったカエルもいました。
カエルは稲を食べる害虫を食べてくれます。

子供たちは稲を踏まないようにそおーっと中に入って
生き物を見つけていました。
b0119979_165114100.jpg

日陰にはイモリもいました。
農薬や除草剤など撒かないから生態系がまもられています。
b0119979_16532470.jpg

こういった浮草は雑草を防いでくれるそうです。
b0119979_16542149.jpg

遊んだあとは食事の準備です。
子供たちも手伝ってくれました。
メインは福津農園のニワトリのスープ。
餌に抗生剤は使わず、「ぬか」をメインに、雑草などを食べたニワトリは
自由に歩きまわっているため、
病気にもなりにくいそうで、身がしっかりとしています。


昼食の後は山に行き、畑の肥料となる腐葉土(落ち葉)を拾いに行きます。
b0119979_16582171.jpg

お手伝いが終わったら山の探検や木のぼり。
落ちたって下は腐葉土でふかふかなのでそんなに危険ではありません。

本物の自然に触れてよほど楽しかったか、中々帰ろうとしない子供たち。
昔、当たり前だった風景なのかもしれません。
しかし、近代化農業が進み、大量生産が重視されている現在では
めずらしい風景なのかもしれません。
農業に携わったことのない私ですが、
消費者として、有機栽培の作物を選び、消費することで
少しでもこういった風景が取り戻せれたらいいなと思いました。

                        <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2012-07-02 17:15 | 住まい方教室
b0119979_9565860.jpgイトコーの住まい手さん向けの恒例の「住まいのメンテナンス教室」を開催しました。
今回も講師であり、設計士でもあり、イトコーの住まい手でもある小林が住んで実際に試してみたことも含めてお話させて頂きました。

外壁、デッキ、玄関、サッシをはじめ、床やトイレ、脱衣室など日頃からのメンテナンス方法やちょっとしたすぐに実践できるコツをお伝えさせて頂きました。
たっぷりとお話させて頂いたあとは、実践です。
木塀に塗料を塗ってみたり・・・などを見て、聞いて、実際に体験して頂きました。


b0119979_1025744.jpg日頃の生活ででた床や壁についたのキズやシミなどの悩みも聞いて、体験しながら質疑応答をして最後はお茶をしながらまったりと・・・。

この「住まいのメンテナンス教室」も6年が経ち7年目に突入いたしました。住まい手さんとのコミュニケーションの場でもあるこの教室。これからも永く住まえるようにいろいろとお伝えしていきたいと思います。

b0119979_1032717.jpg


<やっしー>
[PR]
by ecoshopitoko | 2012-04-16 10:03 | 住まい方教室

珪藻土かべぬり体験会

今日のエコショップは「珪藻土かべぬり体験会」を開催いたしました。

参加者の方には1日左官さんになっていただいたつもりで一通りの体験していただきました。
まず養生からやっていただきます。
b0119979_18342211.jpg
「あとの剥がしやすさを考えてマスキングテープを貼っていくのもポイントのひとつ。」
と実践ならではの細かいアドバイスもいただけます。

そして材料の撹拌、 コテのもち方、  珪藻土の取り方。

b0119979_18344719.jpg
そしてぬり方。
イトコーで使用している珪藻土MPパウダーはなめらかでぬりやすいのですが、
やはり、素人ではぬりムラが起きてしまいます。
でもそれが味になるのは自然素材だからですね。
ぬり方は平面だけでなく、上隅、下隅、凹角、凸角の始末も教えてもらいます。

b0119979_18352390.jpg
そしてお子さんたちに楽しみなお土産づくりです。
今回は鉢に漆喰を塗ってデコレーション。
愉しんでいるお子さんの表情がとてもかわいらしかったです。
最後にイトコーが使用している珪藻土MPパウダーについてお話させていいただきました。
調湿性と消臭性に優れた特性を実験を交えてみていただきました。

b0119979_18354339.jpg
MPパウダーは厳選された材料100%自然素材でできています。
それにより、
1、『健康』湿度を及排出することにより、結露、カビ、ダニ、また過乾燥を防ぎます。
2、『エコ』断熱、保湿性があるので夏は涼しく、冬は暖かく省エネルギー
3、『安心・安全』まさかの火災の場合でも不燃性で、耐火性にすぐれ、有害な煙もでません。
これにより、家の長寿命化にもつながります。

イトコーでは、MPパウダーの施工はもちろん、
販売、また、塗るための道具を一色レンタルもしています。

詳しくはエコショップ、またはイトコーまでご連絡下さい。

                            <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2011-11-26 18:39 | 住まい方教室
b0119979_17172374.jpg今日は、イトコーの住まい手さん向けの恒例の「住まいのメンテナンス教室」を開催しました。
今回も講師であり、設計士でもあり、イトコーの住まい手でもある小林が住んで実際に試してみたことも含めてお話させて頂きました。

b0119979_17182444.jpg外壁、デッキ、玄関、サッシをはじめ、床やトイレ、脱衣室など日頃からのメンテナンス方法やちょっとしたすぐに実践できるコツをお伝えさせて頂きました。
たっぷりとお話させて頂いたあとは、実践です。
床材に実際に蜜蝋ワックスを塗ってみたり、木塀に塗料を塗ってみたり・・・などを見て、聞いて、実際に体験して頂きました。

b0119979_17191649.jpg印象的だったのは、「子どもが元気なおかげで床がキズだらけになってね~」と。奥さんが結構敏感になるのも分かります。「床にキズがついたら・・・なおるものなの?」そんな悩みも一発で解決しました。
その後は、聞いて、体験してみて疑問に思ったことも含めて質疑応答をしながら、最後はお茶をしながらまったりと・・・。

もうこの「住まいのメンテナンス教室」も6年が経ちました。これからもやめることのない催しです。永く住まえるようにいろいろとお伝えしていきたいと思います。

※設計士 小林のブログはこちらからご覧になれます。

<やっしー>
[PR]
by ecoshopitoko | 2011-09-11 17:20 | 住まい方教室

くるみのパン皿を作ろう

b0119979_17263685.jpg今日は、イトコーの家の住まい手さん限定で、「くるみのパン皿を作ろう」を開催しました。講師は昨日のスプーン作り同様、icuraの筒井さんです。
くるみの木をまずは彫刻刀で表裏を削ります。結構な量の木くずがでるくらいの削ります。
b0119979_17273239.jpgその後はお皿の横の部分も同様に彫刻刀で削っていきます。1時間半くらいはみんなでせっせせっせと削っていきました。最後の仕上げはくるみの実からでるオイルを塗って完成です。
無垢の木のお皿は焼きたてのパンなど余分な水分を吸ってくれておいしく食べることができます。
b0119979_17282317.jpg「木のお皿」は陶器や磁器のお皿とはちょっと違い、使えば使う程味が出ます。
講師のicuraさんとTanu Craftさんの「木を愉しむ展」がいよいよ8/9までとなりました。まだご覧になってない方は是非ご覧ください。

b0119979_1729490.jpg木の器からくりやくじらのストラップ、ペンダント、はしおき、箸箱などなどいっぱい展示販売しております。
お気軽にお越しください。

≪やっしー≫
[PR]
by ecoshopitoko | 2011-08-07 17:29 | 住まい方教室

布ぞうり教室

沖縄は心配ですが、
台風9号は本州からは反れてくれたようですね。
しかし、空は青く夏本番!の暑さですね。
まだまだ、熱中症に気をつけて下さいね。

今日のエコショップの暮らし方教室は夏の特別教室「布ぞうりづくり」が開催されました。
b0119979_2015736.jpg

和紙でできた芯に細長く裂いた布を織りこんでいきます。
本物の和紙を使っているので何度も洗っても丈夫です。
また、織りこむときは写真の様に足の指に芯を引っかけて
編み上げていくのでストレッチの効果もありそうな気がします。

布ぞうりは履くと第2の心臓と言われる足の裏に力が入るのでお子さんにも良さそうです。
その他にも、フローリングや床を歩く時にちょっとすり足で歩けばお掃除もできるかも。
作ってよし、履いてよし、
色々な利点がある布ぞうりですね。
                             <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2011-08-04 20:07 | 住まい方教室