豊川市でエコな暮らしを提案。日々を愉しむヒントを一緒に見つけてみませんか。


by ecoshopitoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

idobataka会議「麻の話」

今日はイトコーモデルハウスにてidobata会議が開催されました。
今回は「アロマセラピストが語る麻の話」です。
セラピストネーム「ジャスミン」さんにいろいろお話いただいました。
b0119979_17581982.jpg

日本古来から親しまれて来た麻は
100日で成木となり、繊維としてだけでなく、実や茎を絞ったオイルも使える
まさに捨てるところのない植物だそうです。
茎を絞ったオイルはディ―ぜル車の燃料として使えることが分かっていたり、
麻の実にはカンナビシンAというポリフェノールの1種が大量に含まれていることが分かり、
その働きは老化などの原因ともいわれている活性酸素を除去する働きをしてくれるそうです。

その他にも、下の写真でジャスミンさんが付けているのは・・・
b0119979_1871979.jpg
エプロンではありません。
なんと「麻のふんどし」です。
???
いきなりだとびっくりしますが、その歴史を聞くと納得です。
昔、女性は下着をつけてはいなかったことは皆さんご存じだと思います。
昭和ごろから西洋の文化から下着を身につけるようになりましたが、
それと同時に入ってきた化繊技術。
たとえ綿100%の生地だったとしてもゴムに入っている化学物質によってリンパの部分を締め付けることによって肌の黒ヅミの原因や体の不調に繋がりやすいそうです。

ジャスミンさんはいつも麻のふんどしを身につけるようになってからセルライトが消えたり、
足の付け根部分の黒ずみがなくなったそうです。

他にも麻の不思議な力についての色々なお話が聞くことができました。
参加者の皆さんも麻の魅力とジャスミンさんの魅力に引き込まれているようで
みなさんにいいお話が聞けてよかったとおっしゃっていただきとてもうれしかったです。
私も皆さん同様に麻の製品を少しづつ取り入れて行きたいなと思いました。

エコショップにて、麻のふんどし、麻の実ナッツ、など取り扱っております。

                          <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2011-06-10 18:49 | 暮らし方教室