豊川市でエコな暮らしを提案。日々を愉しむヒントを一緒に見つけてみませんか。


by ecoshopitoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自然体験学習 in福津農園

今日はイトコーの住まい手の方たちと新城市にある化学肥料などを使わない有機循環農業をしている福津農園に今年、第1回目の自然体験学習に行って来ました。
前年も合わせると今回で4回目の開催です。
自然に触れ、体で学ぶ体験を子供たちにしてもらうこのイベントは
毎回子供たちの生き生きとした表情を見ることができ、それに加え新鮮な空気、
おいしい食事で私たちスタッフも元気をもらい、癒されます。
今回は春の新芽の山野草をとり天ぷらにしていただきました。
b0119979_2059530.jpg

b0119979_20594361.jpg

大根の葉だけでなく花や、タンポポやオオバコ、のびるなどおいしい山野草、あんまりおいしくない山野草、食べられない山野草を福津農園代表の松沢さんに教えていただきながら採っていきました。
b0119979_2133030.jpg

冬の寒い時期に耐えて生えてきた春の新芽はアクが強いのですが人がこの時期に食べることにより、冬に濃くなった血液の循環を良くし新陳代謝を活発にすることで夏に向けての体づくりになるんだそうです。そして福津農園のニワトリをまるごとだし使った鶏がら野菜スープもいただきました。
植物も動物の命もいただき、私たちの命があることを感じます。
b0119979_21104189.jpg
デザートのキウイも大人気でした。
b0119979_21132857.jpg
食後は山で枯葉を拾いに行きました。みんな一生懸命に集めてくれてすぐにたくさん集まりました。
大変な作業だけどみんなでやると楽しさもあります。
b0119979_21173867.jpg
ひよこが生まれていました。生後1週間だそうです。枯葉はこのひよこたちのお布団になります。その後、枯葉は鶏糞と混ざり合うことで堆肥化し、畑にまかれます。まさに循環農業です。
福津農園ではひよこやにわとりのエサに抗生物質を混ぜないのでニワトリ小屋があっても臭くないんです。松沢さんのお話によると抗生物質により腸内の異常発酵や微生物の種類も変わってしまうことにより異臭となってしまう。臭くない福津農園が本来の姿だそうです。
そしてよく運動させることにより病気にも強く、身がしっかりしたニワトリになり安全な卵を産んでくれます。それらは人間にとっても当てはまる話です。
松沢さんのお話は聞けば聞くほど納得し、私たち消費者にとって考えを改めさせられます。こういった農園が増えれば私たち食は安全だと思いますが、まず消費者がこういった食材を選ばなければ農家の方たちも変われないんですね。
                            <わっちゃん>
[PR]
by ecoshopitoko | 2009-03-21 21:33 | 住まい方教室